FC2ブログ

北海道リアルEconomy | 独自取材による地域経済ニュースサイト

【管理画面】  
HOME  »  スポンサー広告 » スポンサーサイト政治 » 夕張市長選で敗れた飯島夕雁氏「東京都夕張市ではない」と悔しさを滲ませた落選の弁
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
--.--.--.(--) --時--分  
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 Twitter 文字サイズ変換

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
画像 161
 夕張市長選で、新人4人の戦いを制したのは元東京都職員で夕張市に出向していた鈴木直道氏(30)だったが、元衆院議員で自民、公明、みんなの3党から推薦を受けて出馬した飯島夕雁氏(46)は無念の表情を浮かべ、「これが夕張の民意なのか」と述べ、有権者が夕張の窮状を十分に理解していないことへのもどかしさを漏らした。

 午後10時10分にNHKが当確を速報すると、選対本部長が飯島氏に電話、それから10分も掛からずに飯島氏が選対事務所に焦燥しきった顔色で現れた。

 敗戦会見で、飯島氏は「医療、福祉の訴えに手ごたえがあったが、市民は即戦力の飯島を選ばなかったことに疑問を感じる。しかし、精一杯やってきた。私を必要としてくれる人も沢山いたので思い残すことはない」ときっぱりと語った。

 その一方で、「市民は経験か、若さかの選択で若さを選んだ。夕張の窮状を十分に理解していない人が多いという印象を持った」と悔しさを滲ませた。

 また、「救急医療や地域医療の充実を訴えたにもかかわらず、『新しい診療所の誘致は必要ない』というデマを流され選挙戦の痛手になった」と延べるなど、不退転で臨んだ選挙結果が信じられない様子がありあり。

「東京都夕張市ではない。当選した人の訴えは理解できない」と吐き捨てるように語った。

 それでも最後には、「現時点では何も決まっていないが、夕張に何らかの関わりを持っていきたい」と締めくくっていた。
NEXT Entry
帝国ホテルが札幌進出を断念か 「高級市場」は望めないと判断?
NEW Topics
URL変更のお知らせ
札幌市清田区美しが丘に「卸売スーパー」が居抜き出店、「フードD VAlue」と隣り合わせの立地
「ATMも観光のツール」札大佐藤郁夫教授が観光クラスターで発想の進化を促す
道議会議長選びは丸岩、本間、竹内、船橋の組み合わせの妙が注目点
道新名誉毀損訴訟最高裁上告中に高田昌幸記者が道新退社で波紋
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
サイトについて

グローバルな視点からローカルを読み解くことが、ジャーナリズムの欠かせない視点。マクロ経済は多数のミクロ経済から構成されています。地域経済の活性化には、地域経済を詳細に伝えるメディアが必要になります。「北海道リアルEconomy」は、地域経済の専門サイトとして地に足の着いたグローカル情報を地域経済ジャーナリストが毎日提供しています。


【ATTENTION】
このサイトに掲載・表示されているものを無断で転載・持ち出すことはご遠慮下さい。利用・掲載を希望する場合はコメントフォームからご連絡下さい。

検索フォーム

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。